大阪府よりメルセデス・ベンツ Cクラス FOCAL&BEWITHオーディオシステム

トップページ > 事例紹介 > 大阪府よりメルセデス・ベンツ Cクラス FOCAL&BEWITHオーディオシステム

メーカーメルセデス・ベンツ

アイテムスピーカー、オーディオ、ヘッドユニット

メルセデス・ベンツ Cクラス(S205)様よりFOCALの最高峰スピーカー「ULTIMA」と、BEWITHのフルシステムのオーディオ作業のご依頼を頂きました。

各メーカーの最高峰のユニットを贅沢に使用した至高の1台です♪

ではシステムを詳しくご紹介いたします(^^)IMG_7058

 

プレーヤーには、は言わずと知れた「BEWITH」のミラー型ハイエンドメディアプレーヤー「MM-1Dサンライズ」を使用しています。 

メディアは、CF(コンパクトフラッシュ)を使用しますので、持ち運びも簡易で、曲が増えてきた時も複数枚所有することで解決できるので、使いやすいメディアです♪

IMG_3215

 

トランクにはBEWITHの安定化電源「A-50A」が2台、ディストリビューションブロックと共にレイアウトしてあります。

IMG_3430 

 

その後方には、サンライズグレードのプロセッサー「STATE A6R L/R」 を2基 

そして、パワーアンプの「A110SⅡ」 が6基、ずらりと敷き詰められています。

こう並べるとマグネシウムボディが凄く重厚感のある存在をアピールしています♪

IMG_3211

 

アンプの上にはカバーが被り、その上にサブウーファーをインストールしてあります。

IMG_3214

 

荷室側からはトップは「レザー」 背面は「カーペット」のコンビ

室内シート側から見れば 「レザー」と「スェード」のコンビです。

素材や色目の使い分けひとつ拘ることで、インテリアに一体感が生まれるようデザインしてあります。

IMG_3207

 

お次は、こちらが純正のドアです。

ドア上部に小口径スコーカーとミラー裏部にツィーターがあるだけのドアですが、これを加工してフォーカルのウルティマをインストールしていきます。

IMG_2777

 

まずドアのバッフルボードですが、もともとスピーカーの無い場所への設置ともあり、制限のある中、強度と純正機能を保ちながらバッフルボードを設計、設置していきます。

合板を純正内張りの高さまで立ち上げて成型していきます。

IMG_3293

  

そして生地を張って仕上がったアウターパネルがこちらです(^^)

レザーとウルトラスェードのコンビで綺麗に仕上げてありますので、違和感ないラインで、なをかつ可能な限りバッフル面を広くとりました。

IMG_3197 

 

そして最後にドアの音を確認しながらツィーターの位置決めていきます。

こちらが純正状態です。

IMG_2784

 

ちなみにツィーターをセットする為のリングは切削機での出力しました(^^)

IMG_3435

 

1/100mmの精度で削り出されたアクリルリングにツィーターをはめるとセットする事ができます♪

IMG_3330

 

このリングをパテにて整形して、完成したのがこちらのピラーです。

ミッドベースの音を聴きながらの角度決めしてありますので、デジタル調整を使用することも無く、他のスピーカーとの音の繋がりがとっても自然な音色となります♪

IMG_3428IMG_3200

この後、お客様のご要望に沿った音質へと しっかりと調整してからご納車させて頂きました(^^)

 

FOCALを始め、輸入車へのカーオーディオインストールは奈良県にありますライズオーディオにお任せ下さいませ。

事例紹介一覧へ戻る

  • メーカー
  • アイテム
  • キーワード

お問い合わせ・来店ご予約