奈良県よりメルセデス・ベンツ Eクラス カロッツェリア サブウーファー TS-WX1000A取り付け

トップページ > 事例紹介 > 奈良県よりメルセデス・ベンツ Eクラス カロッツェリア サブウーファー TS-WX1000A取り付け

メーカーメルセデス・ベンツ

アイテムオーディオ

 先日、ご来店頂きましたメルセデスベンツのE320様よりサブウーファーの取付のご依頼を頂きました。

以前にダイヤトーンの「DS-G20」を取り付けさせて頂きましたが、より厚みのある低音を求めるためにシステムアップの為、サブウーファーを追加させて頂きました。

IMG_3585

サブウーファーにはカロッツェリア「TS-WX1000A」をご選択いただきました。

このサブウーファーは、「HVT方式」を世界で初め採用されたウーハーで、従来のサブウーファーでは成し得なかった全高わずか4.5cmという超薄型のウーファーになります。

また、両面駆動方式HVTユニットならではの構造により、前方定位のサウンドとスムースにつながる心地良い低音をお楽しみ頂ける当店お勧めのウーファーの1つです。

IMG_3582

本体は、助手の足元に取り付けさせて頂きました♪

カーペットを戻せばウーハー本体も見えなくなり、超薄型ウーハーのおかげで違和感なく足元に設置可能ですので、メルセデスの上品な質感も損なわずにサブウーファーを設置することができます。

付属のコントローラーで、ゲインやカットオフ周波数を調整すると、フロントスピーカーとの音の繋がりもバッチリ決まり、ズンドコ鳴るサブウーハーではなく、フロントスピーカーでは鳴りきらない低音域をしっかりと補ってくれるサブウーハーになります。

 

メルセデス・ベンツはじめ、BMWやAUDI、フォルクスワーゲンなどの輸入車に、サブウーハーのお取り付けやカーオーディオのシステムアップをご検討中のお客様は、是非、奈良県にありますRISE Audio Visual(ライズオーディオビジュアル)にお任せ下さい!

事例紹介一覧へ戻る

  • メーカー
  • アイテム
  • キーワード

お問い合わせ・来店ご予約