和歌山県より アウディ S3 デイライトコーディング

トップページ > 事例紹介 > 和歌山県より アウディ S3 デイライトコーディング

メーカーアウディ

アイテムコーディング変更

コーディング変更とは、スリープ状態の機能を、専用のコーディングテスターを使用し、呼び起こす事によって有効化にするサービスメニューです。

今回は、和歌山県よりご来店頂きましたAUDI S3様よりデイライトコーディングをご用命いただきましたのでご紹介させていただきます。

デイライトは、ヨーロッパでは義務付けられている機能ですが、国内の保安基準では光量の強さが適合外の為、スリープ状態で納車されます。

ライズでは、専用のコーディングテスターを使用し設定変更する事で、スリープ状態のデイライト機能を呼び起こし、有効化とする事が出来ます。

デイライトを点灯させる事で、対向車や前方を走行する車両に対して、自車位置をはっきりと示す事が出来ます。

ビジュアル面でも向上しますので、一石二鳥のコーディングメニューです。

純正機能の設定変更ですので、警告ランプ点灯等のトラブルの影響はございませんのでご安心ください。

IMG_3220

 

コーディング後は、MMIシステム内にあります車両設定メニューに、デイライト機能のON/OFF項目が追加されますので、シチュエーションに合わせた設定を瞬時に変更可能です。

正規ディーラー様へのご入庫の際は、お客様ご自身で設定変更が可能ですので、ご来店いただくお手間を省く事が出来ます。

IMG_3219

 

アウディ S3へのデイライト有効化コーディングは、奈良県にありますライズオーディビジュアルにお任せくださいませ。

事例紹介一覧へ戻る

  • メーカー
  • アイテム
  • キーワード

お問い合わせ・来店ご予約