ライズが推奨する次世代インストールがこちら。

トップページ > ブログ > ライズが推奨する次世代インストールがこちら。

2017年02月25日

こんにちは♪

狗巻です。

 

暖かくなったり寒くなったり・・まったく気温読めない日々が続いておりますが。。

ライズオーディオビジュアルではオーディオ関係の作業ご用命を多く受注頂いておりまして

”ハイエンドオーディオ” と分類されるド級のシステムインストールご依頼分だけでも数台続いており完成が楽しみなお車で溢れております(^ ^)

 

オーディオのシステム構成にもよりますが、インストールに時間を要する長期作業に関してはAXISテクニカルベースという専用のクローズドピットにて作業を行っております。

こちらは外部より完全シャットアウトされた特別なAXIS社内施設でありまして、プライバシーやセキュリティレベルを向上させており 弊社の担当スタッフやオーナー様以外 他のお客様/業者様は立ち入る事ができません。

設備も最新のデジタル機器を導入しておりまして、従来のオーディオショップで多くあった”感覚的な作業”は可能な限り採用せず、理論に基づいたデータを算出し精度の高いインストールを推奨しております。

 

現在お預かり作業中のお車もこれらの最新デジタル機器を用いたインストールを行っております。

”ハイエンド”と呼ばれるオーディオインストールは細部にまで拘る必要があると考えており、ヒュースホルダーはCADにて設計致しました。もちろん社内での設計ですので取付性やデザイン性もライズオリジナルでございます。

スクリーンショット 2017-02-24 18.39.48

ハイエンドオーディオのシステムとなると必然的に増えるヒューズ関係、これらのホルダーは簡易的に作ることは可能ですが位置や配列の関係性が不揃いであれば仕上がりのレベルは低下すると考えておりCAD(デジタル)上にて設計、これも”ハイエンド”なインストールであります。

 

CADで設計した後はデータをCAMと言われる切削データに変換し、設計データのままNC制御された切削機にてアクリルを自動切削していきます。

こちらもデジタル制御された機械でありますのでCADデータで設計された数値のまま仕上がりますので精度もバツグン、美しいです(^ ^)

 IMG_4805

仕上がりはオーナー様にご納車を終えてから改めて車両ご紹介させて頂きますのでご期待願います。

 

今回はヒューズホルダーの製作事例ご紹介でありますが、その他のハイエンドオーディオインストールにもこういったデジタル設計や切削を多く取り入れ「より精度と完成度の高い次世代インストール」をライズオーディオビジュアルでは推奨しております。

他店様では真似できない次世代インストレーション、ご希望ございましたらお気軽にご用命くださいませ。

 

また次世代インストールにつきましてはご紹介させて頂きますので宜しくお願い致します(^ ^)

 

狗巻でしたー♪

カテゴリー:

ブログ一覧

お問い合わせ・来店ご予約